宇宙はニュートラル、中立なことしか起こっていない

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

みなさん、こんにちは。

 

 

幸せ分配人、
スーパーサイエンススピリチュアリストの
ハッピーラッキーミラクル大仙人です。

 

本気で勉強したい人のための驚きの科学的スピリチュアルセミナー

こちらから

http://daisennin.com/?p=1336

 

 

『宇宙はニュートラル、中立なことしか起こっていない』

 

先回は、あなたが持っている、顕在意識、潜在意識上の観念、思考というものが

ポジティブなものなのか

ネガティブなものなのか

そのことによって、本来出来事には何の意味ももともとないものに

あなたの観念による意味づけがされ、

 

そしてその意味づけが、ポジティブかネガティブかで

その後に受け取る現実も、

ポジティブなものか、ネガティブなものかが決まってしまうことをお話しました。

 

 

そして、ネガティブな観念があるのならば

それをポジティブなものに取っ替えてしまえばいい。

 

IMG_2094

 

そう指摘し、その観念を発見するためには、どうすればいいのかというところで、

そのために、実は感情が人間に備わっている、ということを話しました。

感情とは、実は、観念、あなた自身が持っている特定の思考から湧き出てくるものなのです。

 

例えば、こんな経験はありませんか。

いつもいらいさせるパートナーがいる、とあなたが思っています。

 

でも、あなたの友人に言わせると、あなたにこう言います。

 

「とてもいい人で、あなたがいらいらするということがわからない」

 

あなたは、説明をはじめます。

いかに自分のパートナーが、あなたをいらいらさせることを言い、しでかすかを。

それでもあなたの友人は、こう言います。

「で、なんでそれが、あなたをいらいらさせるの?」

いらいらさせる「人間」がいるのではありません。

あなたの観念、パートナーがこうあるべき、という、おそらく子供の頃から親に

あるいは周りの人間に、社会に教え込まれてきた考えが、凝り固まって

あなたの気づかないうちに、潜在意識に観念として存在している。

 

そのため、この観念を通して、感情が湧いて出てくる。

いらいらしたり、怒ったり、悲しんだり。

 

ここがポイントです。

まずは、冷静に、自分の感情を認めてください。

こんなネガティブな感情でも、蓄積せず、十分に味わってください。

感情が自分の中にあると認めると感情が癒されます。

そのうえで、見ていきます。

このネガティブな感情が出てくるところが、あなたの観念の存在をしめしています。

感情の裏に、どんな観念があるのか見ていきます。

この場合は、パートナーはこうあるべき、こうするべき、というあなたの「べき」観念。

 

そして、この観念の存在を認めてください。

認めるだけでいいのです。

認めるということは、もはや、それはあなたの中にはありません。

 

認める、外から見ている、ということですから、もはやあなたには、その観念はありません。

そのようにして、一個一個、ネガティブな観念をはずして行きます。

 

外していったら、起こってくるものにすべて◎をつけられるような

ポジティブな観念に入れ替えましょう。

例えば「パートナーの言動はすべて私の意識の反映である」

などという観念に入れ替えてしまいましょう。

そうすれば、パートナーがなにを言おうが、何をしようが

すべては、あなたの意識がなせるわざですから、文句のいいようもなくなります。

 

 

どんなことにも感謝、感謝、となるのが当たり前に今度はなってきますね。

こうなると、どんどんとあなたの現実がポジティブなものに変化していきます。

 

なぜなら、ポジティブなあなたの観念の波動を正確に写し取った宇宙の根源が

そのポジティブな波動をそのまま、今度は投げ返してくれるからです。

実に単純な法則です。

 

これが、宇宙のできごとに意味はない、本来すべてニュートラルである、

意味を与えているのは、あなた自身である、ということを

とても具体的な例をあげて説明したことになります。

おわかりになりましたでしょうか。

 

 

次回はでは、本来ニュートラルな宇宙のできごとに

ポジティブな意味を与えることの本質をお話していきたいと思います。

何かの参考になれば幸いです。

 

ハッピーラッキーミラクル大仙人拝

1日5分読むだけ!心の中に器を創り自動的にお金を惹き寄せる宇宙メソッドお金創造のリアリティーメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事