お金の洗脳を解くために知っておくべきこと3

Share on Facebook
Share on LinkedIn

皆さまこんにちは。

幸せ分配人、スーパーサイエンススピリチュアリスト

ハッピーラッキーミラクル大仙人です。

 

本気で勉強したい人のための驚きの科学的スピリチュアルセミナー

こちらから

http://daisennin.com/?p=1336

 

 

「お金の洗脳を解くために知っておくべきこと3」

 

お金の洗脳を解くために
知っておくべきこと。
シリーズでお送りしてきています。
今日はその第三回。

 

いよいよこのお話は
本題とも言うべきポイントに来ました。

あなたが仮に銀行に

 

一億円の預金があると仮定して。

銀行の窓口に
いきなり行ってこう頼みます。

 

「すぐに一億円が要ります。
全部現金で用意してください。」

 

銀行はすぐには用意できません。

 

なぜなら、
銀行には預金通帳に記載されている、
実際のお金はありません。

お札6

先回もお話ししたように、
今の銀行がやっていることは、
実際には詐欺同然です。

 

日本国の国民全員が
すべて預けているお金を
引き出すことはできません。

 

そのお金は形を変えて
すべて海外に流れています。

 

このお話はまた違う機会に
出来ればやりたいと思います。

 

 

それはさておき、
問題は
今のお金のシステムが
「信用創造」という名の下に、
実際のお金の在庫高以上に
「数字上」生み出されているということ。

 

すべて金利を取るためです

 

「信用創造」とは、
銀行が実際に
貸し出しできるお金の創造のこと

 

先回言いました。
預かったお金は
誰もすぐには引き出さないことを前提に、
預かったお金の額面の
何十倍も「記帳のみ」
でお金を貸し出せる仕組み。

通帳2

日本の銀行が
貸し出せる倍率を「準備率」といい、
つまり貸し出しできる金額のうち、
本当に資金として準備しておく率のこと。

 

法律上は1パーセント。
つまりあなたが一万円預けたら、
銀行はその瞬間に誰かに100万円貸せる。

 

通帳にそう書き込みするだけ

 

そして、金利を取る

 

日本の銀行はバブルの時に
このお金の信用創造で巨大になったため、
欧米からBIS規制というのをかけられ、
今は準備率8パーセント、

つまり
12倍貸し出しができる範囲に規制されましたが、
欧米の金融機関はいろんな金融商品を作って
(リーマンショックで問題になった
途轍もない詐欺商品の
SWAPローンなど枚挙にいとまなし)、
何百倍の「数字だけの」お金を生み出しています。

 

金利を取れればいいのです。

 

なぜなら、考えたらすぐわかります。
100倍貸し出しできるということは、
100万円貸し出しの元手のお金は一万円、
焦げ付いたところで、
金利をその前にとっていれば、
すぐに一万円は回収できることはわかりますよね。

 

これが、花形と
かつて言われた金融機関がやっていること。

どうでしょうか。

 

これでも、あなたは、
お金を絶対的な価値があるものと信じて、
汗水垂らして稼ぐことを目指しますか?

 

私が言いたいのは、
何も働くことをやめようと
言っているわけではありません。

 

いえ、むしろその逆、
あなたの労働そのものに
本来は付加価値があるのです。

 

お金の方に絶対的な価値があると言っているのではない
ということをわかっていただけたら、と思っています。

 

次回は
本当の付加価値である、
あなたの存在そのもの、
そこから生み出されるものを正しく認識すること。

 

これがお金の洗脳を
さらに解いて行くというお話をします。

 

 

ハッピーラッキーミラクル大仙人拝

1日5分読むだけ!心の中に器を創り自動的にお金を惹き寄せる宇宙メソッドお金創造のリアリティーメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事