豊かさを得たいなら、最高波動にアクセスする

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

皆さまこんにちは。

幸せ分配人、スーパーサイエンススピリチュアリスト

ハッピーラッキーミラクル大仙人です。

 

 

本気で勉強したい人のための驚きの科学的スピリチュアルセミナー

こちらから

http://daisennin.com/?p=1336

 

 

「豊かさを得たいなら最高波動にアクセスする」

 

image

【お金と豊かさが流れ込む宇宙メソッドの秘密。第8回】

 

このシリーズでは、ハッピーラッキーミラクル大仙人が、発見もしくは学んで、これを実践して行った中で、宇宙メソッドとして私自身が認定確信したものだけを、この誌上に取り上げて行きます。

ハッピーラッキーミラクル大仙人、スピリチャリストを名乗っていますが、信条としていることがあります。

 

あなたの一人一宇宙の中での「有効性」。
それが、あなたの人生に役立つものかどうか?と言い換えていい。

 

それから、ハッピーラッキーミラクル大仙人は、「スーパーサイエンススピリチャリスト」を名乗っていますので、「再現性を重視」します。

万人に有効であってはじめてあなたの一人一宇宙の中でも生きる。
そう考えています。

 

さて、宇宙の豊かさを実現する、そのポイントのお話。
宇宙は波動で出来ており、その最高波動、いえ、究極の波動。

 

根源創造意識。

 

あなたが宇宙の豊かさを得たいなら、この根源創造意識にアクセスすればいい。

 

この根源創造意識にアクセスするには、あるテクニックを駆使すると意外に簡単なこと。

人間の意識は、今の起きている時の意識ですが、一度に二つのことは意識出来ないようになっている。

 

雑念妄念も含めて、一度に二つのことを考えなさい、と言われても出来ないから、この方法はその人間の意識の特性を利用します。

超能力養成セミナーと言うセミナーを開催していますが、その中級編でお伝えしている、【ダブルアテンション】と言う方法で、誰でもが、この根源創造意識にアクセスできます。

 

この【ダブルアテンション】と言う方法は、「QEクオンタムエントレインメントヒーリング】と言う、日本では、「瞬間ヒーリング」として紹介されている、優れもののヒーリング手法で、無限大∞の波動にアクセス出来る方法。

 

もう一度簡単にご紹介しますと。

 

ご自身の肉体のある痛みを感じるポイントをA点。
それとは、何の関係もないもう一つの肉体上のポイントをB点。
として、両点を右左の人差し指で押さえる。

 

この時に、自分の意識を両方のA点B点に
【ダブルアテンション】するのです。

両方同時に意識することがポイントです。

 

自分の「触覚」を利用して、二点を同時に意識するわけです。

これだけで、意識は、「瞬間的に」根源創造意識にアクセス出来る。

自動的にヒーリングが起こります。

 

ヒーリングが起こる実体験は、さすがに、超能力養成セミナー中級編でぜひお確かめください。

 

そして、セミナーでお伝えしている根源創造意識へのアクセス出来る方法。

 

もう一つのアクセス方法を公開いたします。

 

私たちは、夜の睡眠時にこの根源創造意識にアクセスしています。

その時間をNon Rem 睡眠と言います。

Non Rapid Eye Movement睡眠と言い、要するに眼球運動が無い、潜在意識も完全に休息している睡眠。

 

潜在意識が休息しているとは、意識は、根源創造意識に一致している状態のことです。

普段の顕在意識からは、なかなかこの根源創造意識にアクセスすることは難しいのですが、この睡眠のリズムを考えると、私たちは、

 

顕在意識から、眠りに落ちる寸前に、潜在意識の中に入る準備をして、眠りに落ちると、夢を見る。

 

つまり潜在意識が働く意識に入って、その後、夢を見ない、完全無意識状態の根源創造意識に入る。

 

このサイクルが、睡眠サイクルと言われるもので、一サイクル90分とされています。

 

この睡眠サイクルを利用して、私は「惹き寄せの秘法」をお教えしています。

睡眠に落ちる寸前がポイントです。
その状態で、ある儀式をいたします。

 

こちらもさすがに、これ以上は、セミナーに来てその理論と実践を体験していただきたいと思います。

ワンデーオフィス東京代々木、新大阪コロナホテル、名古屋オフィスパーク宝第一ビルでお待ちしています。

セミナーでお会いしましょう。

感謝感謝。

 

ハッピーラッキーミラクル大仙人拝

1日5分読むだけ!心の中に器を創り自動的にお金を惹き寄せる宇宙メソッドお金創造のリアリティーメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事