ロールプレイングゲームがパラレルワールドの仕組み

Share on Facebook
Share on LinkedIn

みなさんこんにちは。

 

幸せ分配人、
スーパーサイエンススピリチュアリストの
ハッピーラッキーミラクル大仙人です。

 

本気で勉強したい人のための驚きの科学的スピリチュアルセミナー

こちらから

http://daisennin.com/?p=1336

 

 

パラレルワールドの驚きの仕組みについて

話をしていきます。

さて、われわれのいるこの三次元世界の真実については

このブログで何度もお話をしてきました。

今日は、もう一度そのことをおさらいしてみます。

空間と時間。

このことが三次元世界の特徴です。

そもそも多次元、高次元の世界にはこの時間と空間がありません。

ぜんぶ、ワンネス、あるいはホールネスとして

渾然一体となって存在している世界、

それが多次元、高次元の世界。

それに対し、一直線の時間の経過と

それに呼応するように時間を認識するための空間が必要な世界、

それがこの三次元世界

ですから、パラレルワールドとは、この時間と空間が

渾然一体となった多次元、高次元の宇宙から

時間と空間を体験するために用意された

マルチユニバース、パラレルユニバース、

複数個の並行宇宙のこと。

 

thEJCJ0ON0

つまり、

マクロの視点から言うと、

もともと空間も時間もない宇宙の根本存在が

自分の本質を知りたいがために、

分離した宇宙を作って

個を体験して、その個を味わい尽くし

そしてあたかもその個は、全体を知らないフリをして

最終的には、全体であった自分を発見して

大いなる自分に還っていくという、自己錯覚、自己陶酔ゲーム

これを究極体験するために用意したのが

このパラレルワールド。

その仕組みは実はいたって簡単です。

いわば、ロールプレイングゲームです。

実際のゲームを行っているあなたは、

一つの画面をクリアしようとして必死になって課題を克服しようと

時間の経過と空間の制限の中で戦っています。

しかし、全体から見たら、

いくつものクリア画面、この宇宙的にはそれこそ無数のクリア画面が存在し

これは、すでに存在して、用意されているからこそ

それが一個のロールプレイングゲームとしての全体を成しています。

仮に、ゲームの達人がいて、

ほぼ同時に全画面クリアしていけるワザが使えるとしたら

それはまるで、この三次元世界で言うと

パラレルワールドを瞬時にして移行し

あっという間にあがりになってゲームオーバーとなっているに違いありません。

しかし、われわれに通常のレベルはまだこれにはほど遠く

一個一個のクリア画面に汲々としています。

目の前の現実であると勘違いした、仮想現実、イリュージョンに

悪戦苦闘しているのが現実です。

でも、だんだんと慣れるにつれて、コツがつかめて来て

画面クリアが早くなってきます。

つまり、パラレルワールドを無意識に乗りこなして

画面クリアが出来てきているということです。

これが今の段階の人類、すなわち、

パラレルワールド自体の存在をようやく理解し始めた段階といっていいでしょう。

では実際の三次元世界でのそもそものパラレルワールドの

選択の仕組みはどうなっているのか。

その精緻な仕組みはどういうルールで運用されているのか。

このことについてもまた

お話していきたいと思います。

 

とにかく、

パラレワールドこそが

あなたの豊かさをかなえてくれる

ロールプレイングゲーム。

 

 

しっかりとこのゲームを

マスターしてしまいましょう。

何かの参考になれば幸いです。

 

ハッピーラッキーミラクル大仙人拝

1日5分読むだけ!心の中に器を創り自動的にお金を惹き寄せる宇宙メソッドお金創造のリアリティーメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事