二元性の罠に気づくこと

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

皆さまこんにちは。

幸せ分配人、スーパーサイエンススピリチュアリスト

ハッピーラッキーミラクル大仙人です。

 

「二元性の罠に気づくこと」

 

【お金と豊かさが流れ込む宇宙メソッドの秘密。第25回】

 

大いなるウソと大いなる真実。

 

大いなるウソは、二元性の世界の実はルール。

大いなるウソは、私が人間ゲームと呼んでいるゲームのルール。

 

大いなるウソのルールその1。

 

あなたは肉体に閉じ込められた人間というキャラクター。

 

ルールその2。

 

あなたは、肉体存在なので、やれることに制限と限界がある。

 

ルールその3。

 

あなたは、制限された存在、限界のある存在なので、力を得ようと思ったら、外にある存在に頼らないといけない。
すなわち力はいつもあなた以外の外にある。

 

これらは、すべて人間ゲームの中だけで適用されるルールです。

 

考えてみたら、ゲームは、障害やルールの制限が多ければ多いほど、大きければ大きいほど、そのゲームは面白くエキサイティングになる。

 

これと同じことが、私たちがはまっている人間ゲームに当てはまる。

 

制限と限界が多ければ多いほど、大きければ大きいほど、ゲームは実に面白くなる。

 

あくまでも、二元性ゲームの大いなるウソなのです。

 

良く大いなるウソなんかいらないから、大いなる真実だけで生きたい、それの方が自由自在に生きられるのに、

 

なぜ宇宙はそういうふうに作られていないのでしょうか?
という質問をセミナーで受けます。

 

ここが、本当に二元性の波動の世界にいる立場からすると、一元性が理解しにくいところです。

 

この質問に対する答えは、
二元性の方で、自由自在になろうとしているのは、誰でしょうか?

 

これは、「自我」の存在です。
自我は二元性の中にのみ存在できる。

 

    space-1513745_960_720

 

一元性にあなたが帰ったら、たちまち自我は消滅してしまい、自我は自分という存在を主張できなくなる。

 

つまり、自分という感覚がなくなってしまうことは、自我にとってはたいへんなこと。

 

自己の存在が消えてしまうわけですから。

 

自己の存在証明をするために作られた世界が二元性の世界と言ってもいいでしょう。

 

ですから、二元性の方で、
「私の存在」を確認する行為が、
「喜びと悲しみ」
「嬉しさと落胆」
「安心と不安」
「恍惚と恐怖」

 

というものの二対立する感覚だと言えます。

 

何が言いたいかと言いますと、結局のところ、これらの感覚すら、二元性の世界のゲームのルールですから、このこと自体には、本質的な意味は無く、

 

ゲームのゴールは、
「二元性の罠」から出て、自分が自由自在に、どんな現象に対しても、自分の意識の反映として、OKを出すことに尽きます。

 

これが本当に見に付くと、あなたの体験は、すべて一元性の中にいるように「喜びと嬉しさと安心と恍惚」に囲まれた、究極の「二元性の罠から脱出したリッチウェルシーな存在」

となるのです。

 

凄いお話です。

 

このお話の続きは次回に。

 

さて、こんなお話が満載の大仙人のセミナーにお越しください。

引き続きセミナーでSCC根源創造意識の体験を公開してまいります。

 

もちろん、【マネーブロックバスター】プログラムをお受けいただくと、個人セッションでこの驚異の体験ができます!

 

ワンデーオフィス東京代々木、新大阪コロナホテル、名古屋オフィスパーク宝第一ビルで、お皆さまを待ちしております。

 

本当の本物のセミナーでお会いしましょう。

 

感謝感謝。

 

ハッピーラッキーミラクル大仙人拝

1日5分読むだけ!心の中に器を創り自動的にお金を惹き寄せる宇宙メソッドお金創造のリアリティーメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事